【三郷市】子供のいない夫婦の相続対策 |遺言

query_builder 2020/08/19
遺言
758154
埼玉県三郷市で相続を専門に活動している司法書士です。
子供のいない夫婦間でどちらかが先に亡くなった場合、遺産を親兄弟に取られる可能性もあるのです。
子供がいれば死んだ方の親や兄弟に相続が発生することはないのですが、夫婦に子供がいない場合には、親や兄弟にまで相続の権利が発生します。
普段から仲が良い親戚付き合いをしていれば良いのですが、仲が悪かったり、疎遠だった場合相続権を主張してくることがあります。夫婦2人で築いた財産であっても親兄弟に相続の権利が発生してきます。非常に厄介な状態になります。
このような状態を防ぐためには、遺言書を書いておくことです、配偶者に全部与えるつもりであれば、その旨を遺言書に残しておくべきです。

NEW

  • 受遺者(もらう人)が先に死亡した場合の遺言と生命保険の受取人が先に死亡した場合の比較

    query_builder 2020/09/26
  • 生命保険受取人の変更を遺言で行うことができるか?

    query_builder 2020/09/24
  • 親の家を売る方法 その⑧(最終回) 家族信託の利用③

    query_builder 2020/09/02
  • 親の家を売る方法 その⑦ 家族信託の利用②

    query_builder 2020/08/31
  • 親の家を売る方法 その⑥ 家族信託の利用①

    query_builder 2020/08/29

CATEGORY

ARCHIVE